Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//受験本番で計算ミスをしないために…

ブログ

受験本番で計算ミスをしないために…

オンライン家庭教師 束進の高山良輔です。

受験までもう少し。今まで以上に点数へのこだわりが出てくる時期だと思います。

受験生の天敵といえばケアレスミスでしょうか。
特に、数学や算数では計算ミスが原因で思うように点数が取れないことも多いです。

今日は計算ミスを減らす方法について書いていこうと思います。

私が生徒に伝えるのは主に2つです。


1."どこでミスをしやすいか"考えながら計算する
2.ミスしたら、その原因をノートに書いておく



1つ目は、計算を始める前にどこでミスをするか予測して問題を解くということです。
例えば
21-5×2
という問題があったとき、まずどこでミスをしやすいのか考えましょう。
「掛け算を先に計算しなければいけないな」と頭に浮かべるだけで、ミスをする確率がガクッと低くなります。
ちなみに、先に引き算を計算してしまう生徒は高校受験でも多く見られ、都立入試で同様の問題が出題された際には正答率が80%をきることもあります。

少し練習をしてみましょう。
(a-2b)-2(2a-3b)
この問題では、どこでミスをしやすいでしょうか?
こうして自分で考えながら問題を解くだけで、計算ミスは減らせます。


さて、ミスを減らす方法2つ目は、ミスをする度に、その原因をノートにメモしておくということです。
ミスをするパターンというのは大体決まっています。
・符号の間違い
・座標を答えるのか、x座標だけを答えるのか
・円周率πのつけ忘れ

こういった間違いは何度も繰り返してしまいます。そしてテストでミスをするたびに「またやってしまった…」と思うのです。
ですから、ミスをするたびノートにミスの原因を書き留め、テストの前にそのノートを見返しましょう。
自分がどんなミスをしやすいか、全てノートに書いてあります。
これだけでケアレスミスの確率は下がるでしょう。


以上2つのことをお話しさせていただきました。
計算ミスはアイディア一つで減らすことができます。
私が記したこと以外にもミスを減らす方法はあると思います。
計算ミスを減らすのも勉強のうちですから、どうしたら計算ミスが減るのかを楽しみながら考えてもらえるといいのではないでしょうか。

ご高覧ありがとうございました。
SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧